除毛クリーム 産毛 除毛

除毛クリームは産毛も除毛できる?

 

除毛クリーム,産毛,除毛

 

産毛はうなじ・背中など様々な部位に生えていますが、肌が見える洋服を着る場合に見える部位に産毛が生えていると目立ってしまいます。

 

カミソリなどで産毛を自己処理している人も多いですが、チクチクしたり自分では上手く剃れなかったりしてしまいがちです。

 

除毛クリームはチクチクしたりせず、産毛を除毛することが可能です。

 

除毛クリームにはチオグリコール酸カルシウムという成分が入っていて、この成分は毛を分解する働きがあります。

 

見た目には溶けているように見えます。

 

毛を溶かしているので普通の毛はもちろん、産毛も溶かすことが出来るのです。

 

脱毛クリームは毛を処理したい場所に塗って毛を溶かすまで数分待ちます。

 

時間が経ったらふき取るか洗い流す必要があります。

 

除毛クリームの効果を高めるためには毛穴を広げることが重要です。

 

毛穴が広がると除毛クリームが浸透しやすくなるので効果がアップします。

 

お風呂に入るか蒸しタオルを患部にあてて毛穴を広げましょう。

 

患部が塗れていると除毛クリームの効果が落ちてしまうので水分はよくふき取ってから使用するようにしましょう。

 

塗りこむというよりかはサっと塗るようにします。

 

毛穴は広げたものの毛穴の置くに入れ込む必要はありません。

除毛クリームはムダ毛を薄くできる?

 

除毛クリーム,産毛,除毛

 

除毛クリームの効果にはムダ毛を薄くするというような効果はあまりありません。

 

ただし製品の中にはムダ毛を薄くしていく成分が含まれていたり、毛が生えてくるのを遅らせるような成分を配合している製品もあります。

 

毛を目立たせなくしたり、生えてくるのを遅らせたりすることを抑毛と言います。

 

除毛クリームに含まれている成分のチオグリコール酸カルシウムには抑毛効果はありません。

 

抑毛成分が配合されている中で有名な成分としては大豆イソフラボンがあります。

 

ムダ毛を濃くするのは男性ホルモンの分泌が活発であることが原因の一つなのですが、大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをします。

 

大豆イソフラボンを肌に取り入れることにより、ムダ毛を薄くしたり発毛を遅らせたりすることが可能です。

 

女性ホルモンと似た効果があることから、肌の調子も整えてくれます。

 

抑毛効果が追加された除毛クリームでもあくまでムダ毛を処理するという機能がメインになります。

 

ムダ毛の処理性能を保つため、抑毛成分をメインに配合するということはできません。

 

なのでこの除毛クリームを使用したら絶対に毛が薄くなるというように、効果を過信するのは避けた方が良いでしょう。

除毛クリームを使っても埋没毛にならない?

 

除毛クリーム,産毛,除毛

 

埋没毛は毛穴や肌にダメージを与えてしまったり傷つけてしまったり、何らかの影響を与えてしまったときに起きます。

 

カミソリなどでムダ毛を処理していると、毛を剃るために皮膚に直接カミソリをあてるので毛穴は傷ついてしまいがちです。

 

足など毛穴が黒くブツブツして目立つ人は埋没毛になっている可能性が高いです。

 

除毛クリームを使用してムダ毛を処理した場合、埋没毛になりにくいことがわかっています。

 

その理由としては除毛クリームは毛を溶かしてしまうという方法になるので、肌や毛穴を傷つけにくいという利点はあります。

 

カミソリとは違って肌の表面を傷つけてしまうことはありません。

 

ただしすでに埋没毛になっている部分に除毛クリームを塗っても効果はないので注意が必要です。

 

埋没毛になってしまったときはピンセットなどを使用して強引に引き出す方法がありますが、あまり強引に引っ張ってしまうと雑菌などが入って炎症を起こす可能性があります。

 

黒いポツポツが目立っている場合は、時間をかけて肌の表面の角質を取ることをおすすめします。

 

少しずつ角質をとることによってより毛が生えやすくなります。

 

角質をとると肌が乾燥してしまうため、保湿をしっかりと行いましょう。

除毛クリームは短い毛にも使える?

 

除毛クリーム,産毛,除毛

 

除毛クリームは短い毛にも使用することが可能です。

 

短い毛とは肌の表面から2ミリから3ミリ程度のことを指します。

 

だいたいどの製品も短い毛にも使用することが出来ますが、2ミリから1センチくらいまでの長さだとキレイに除毛することが可能です。

 

1センチ以上の長い毛の場合は上手く溶かせない事があるので、ムダ毛を1センチ以下にカットしてから使用することをおすすめします。

 

1ミリ程度の短さだと表面に出ている部分が短いので除毛するのはかなり難しくなります。

 

長すぎてもダメだけれど短すぎてもダメなので除毛する際はある程度の長さにしてから行うことをおすすめします。

 

短い毛は少しでも残っているとチクチクして肌全体がくすんで見えてしまうことがあります。

 

しっかりと除毛するためには、お風呂に入るなどして毛穴をしっかりと開いておくことと、除毛を行いたい部分の水分はしっかりとふき取っておくことが重要です。

 

そして毛を覆うような量を優しく塗ることが大切です。

 

ムラが出来ないようにキレイに塗りましょう。

 

ヘラなどがあるときれいに塗ることが出来ます。

 

ヘラがついている除毛クリームを購入することもおすすめです。

 

なければプラスチック製のバターナイフなどを利用しましょう。

ムーモ(moomo)除毛クリームの通販申し込みはこちら!トップページへ濃い体毛がコンプレックスの方、楽に全身のムダ毛処理をしたい方は、トップページでムーモ(moomo)除毛クリームの詳細をチェックしてみてください。

関連ページ

除毛クリームのアンダーヘアへの使い方と注意点とは?
除毛クリームのアンダーヘアへの使い方と注意点についてまとめてみました。除毛クリームをアンダーヘアに使ってみたい方は参考にしてみてください。
除毛クリームを脇に使う効果やコツとは?
除毛クリームを脇に使う効果やコツについてまとめてみました。除毛クリームを脇に使いたい方は参考にしてみてください。
除毛クリームの効果や使い方とは?
除毛クリームの効果や使い方についてまとめてみました。除毛クリームの効果や使い方を知りたい方は、参考にしてみてください。
除毛クリームで毛根から除毛するには?
除毛クリームで毛根から除毛する方法はこちらから確認いただけます。除毛クリームに興味がある方はチェックしてみてください。
除毛クリームは妊娠中や授乳中使える?
除毛クリームは妊娠中や授乳中に使えるかどうかまとめてみました。興味がある方は参考にしてみてください。