除毛クリームのアンダーヘアへの使い方と注意点

除毛クリームのアンダーヘアへの使い方と注意点とは?

 

除毛クリーム,アンダーヘア,使い方,注意点

 

除毛クリームはアンダーヘアに使えるかどうかまとめてみました。

除毛クリームをアンダーヘアのiラインに使うのは危険?

 

除毛クリーム,アンダーヘア,使い方,注意点

 

除毛クリームは簡単に使えて便利ですが、iラインに使用するのは非常に危険なので注意が必要になります。

 

なぜなら、除毛クリームに含まれている成分は、ムダ毛だけではなく皮膚も一緒に溶かしてしまうからです。

 

除毛クリームが膣内に入ってしまうと、かぶれや赤み、ただれ等の症状を招いてしまいます。

 

そのため、除毛クリームは、iラインを含むアンダーヘアには使用出来ないようになっているのがほとんどなのです。

 

除毛クリームには、チオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の成分が含まれています。

 

チオグリコール酸カルシウムは、たんぱく質で出来ている毛を溶かす作用があり、肌に塗ったまま長時間放置してしまうと、たんぱく質で作られている皮膚も溶かしてしまう程強力な物質です。

 

なので、万が一iラインの粘膜に除毛クリームが付着してしまうと、肌トラブルが起きてしまいます。

 

粘膜は、他の皮膚と異なり角質層がなく非常にデリケートな部分なので、少しの刺激にも耐える事ができないために、除毛クリームを使用するのが禁止されています。

 

そして、除毛クリームは皮膚も溶かす程の強い物質なので、痒みやただれ、最悪の場合は出血する恐れもあります。

 

さらに、膣内に除毛クリームが入ってしまうと酸性を保てなくなり、細菌や病原体が侵入してカンジタ膣炎等の感染症にかかってしまう恐れがあります。

除毛クリームはアンダーヘアの毛の長さでも使える

 

除毛クリーム,アンダーヘア,使い方,注意点

 

除毛クリームは、V・Oラインのはみ出たアンダーヘアの処理に適しています。

 

そして、除毛クリームは産毛や長い毛の全てに対応しているため、事前の処理に手間も掛かりません。

 

また、除毛クリームの種類にもよりますが、保湿成分が入っているものや抑毛の成分が入ったものもあるので、肌を長期的にすべすべに保つ事が出来ます。

 

除毛クリームをアンダーヘアに使用する場合は、細かい部分のお手入れになるので、固めのクリームを選ぶと周りに広がらないで綺麗に仕上がります。

 

また、ムダ毛を溶かす事により後から生えてくる毛の先端を丸く出来るので、チクチクする不快感を軽減する事も可能です。

 

除毛クリームは、アルカリ性の薬品なので、肌トラブルが一切ないと言い切れません。

 

なので、製品の注意書きを良く読み、アンダーヘアにも使用出来るタイプかを確認をしてから購入するようにしましょう。

 

そして、除毛クリームを安全に使うには、手順を間違えないように注意します。

 

最初は、必ずパッチテストを行ってから使用する事が大事です。

 

アンダーヘアは、他の部位に比べるとデリケートなので、少しの刺激でも肌トラブルが起きやすくなります。

 

そのため、Vラインの端に10円玉程度塗布して半日放置し、肌荒れなどの症状が出ないか確かめましょう。

 

また、敏感肌用の除毛クリームもあるので、それに変えるのも良いかもしれませんね。

除毛クリームのアンダーヘアへの使い方

 

除毛クリーム,アンダーヘア,使い方,注意点

 

アンダーへアは、他の部位に比べるとデリケートゾーンであるため、アンダーヘア専用の除毛クリームを選ぶ必要があります。

 

また、カミソリで処理を行ってしまうと、カミソリ負けしてしまったり毛先がチクチクする事があるため、専用の除毛クリームで処理を行うのがおすすめです。

 

アンダーへアの除毛のやり方は、タオルで汗や皮脂を拭き取り、肌を綺麗にします。

 

次に、除毛クリームを付属のヘラを使って塗り、10分程度待ちます。

 

この待ち時間は、製品により異なっているので、説明書に書かれている時間を確認しましょう。

 

そして、10分程経過したら、ペーパーで拭き取ります。拭き取ったら、ぬるま湯か水で洗い流して完了です。

 

デリケートゾーンの除毛のポイントは、根元にフィットして粘膜部分に流れない固めのクリームを選ぶのが良いでしょう。

 

また、保湿成分が配合されている除毛クリームが特におすすめです。

 

そして、一度で綺麗にムダ毛が取れなくても、クリームを大量に付けずに数回に分けて除毛を繰り返すようにしましょう。

 

アンダーヘアを除毛クリームで処理した後はアフターケアが大切になるので、保湿効果の高いクリームかオイルを塗って、しっかりと保湿を行いましょう。

 

また、肌に刺激を与えない事も大切になるので、カミソリやシェーバー等を使用したり、日焼け止めクリーム等を塗ったり、塩素に反応するプールやアルカリ性の温泉に入るのは避けるようにしましょう。

除毛クリームをアンダーヘアで処理後の毛先

 

除毛クリーム,アンダーヘア,使い方,注意点

 

除毛クリームでアンダーヘアを処理すると、カミソリで処理を行った時のように毛先がチクチクしません。

 

また、肌が綺麗ですべすべになり、仕上がりに満足している人が多数います。

 

しかし、アンダーヘアに除毛クリームを使用した人の中には、毛が生え始めた頃は多少チクチク感があったと言う人もいますが、そのチクチクする原因はムダ毛の断面の太さが関係しています。

 

ムダ毛が長い時は、先に向かって細くなっているのでチクチクする事はありませんが、除毛をするとムダ毛が短くなるので太い部分が先端になりチクチクした手触りになるのです。

 

ですが、除毛クリームは、カミソリと比べると比較的チクチクしにくいと言えます。

 

なぜなら、カミソリで処理を行うと、毛の先端が太く角張ってしまいます。

 

ですが、除毛クリームの場合は、先端は太くなりますが、丸みを帯びているのでチクチクしにくくなります。

 

除毛クリームを使用した後にチクチクしないようにするには、なるべくアンダーヘアには使わない事をオススメします。

 

ですが、どうしても使用したい場合は、使用する前に身体を温め、毛穴を開くと良いでしょう。

 

毛穴を開いておくと、除毛クリームが中まで浸透し、毛穴の奥まで除毛効果に期待出来ます。

 

しかし、カラダを温める際に汗を掻いてしまうと、除毛クリームの効果が半減してしまうので、汗を掻くのは厳禁になります。

 

除毛クリームを使用した後に快適に過ごすためには、正しい使い方をしてアフターケアをきちんと行うことも大切になります。

ムーモ(moomo)除毛クリームの通販申し込みはこちら!トップページへ濃い体毛がコンプレックスの方、楽に全身のムダ毛処理をしたい方は、トップページでムーモ(moomo)除毛クリームの詳細をチェックしてみてください。

関連ページ

除毛クリームを脇に使う効果やコツとは?
除毛クリームを脇に使う効果やコツについてまとめてみました。除毛クリームを脇に使いたい方は参考にしてみてください。
除毛クリームの効果や使い方とは?
除毛クリームの効果や使い方についてまとめてみました。除毛クリームの効果や使い方を知りたい方は、参考にしてみてください。
除毛クリームで毛根から除毛するには?
除毛クリームで毛根から除毛する方法はこちらから確認いただけます。除毛クリームに興味がある方はチェックしてみてください。
除毛クリームは妊娠中や授乳中使える?
除毛クリームは妊娠中や授乳中に使えるかどうかまとめてみました。興味がある方は参考にしてみてください。
除毛クリームは産毛も除毛できる?
除毛クリームは産毛も除毛できるかどうかまとめています。興味がある方は参考にしてみてください。